バイク保険一括見積もり

バイク 売る 高く

いろいろな事情で、バイクを売らざるを得なくなるっていうことは、あるものです。

これまで、大事に乗ってきたバイクを手放すのは、とてもつらいものです。

ただ、売るにしても、二束三文で買い叩かれることだけは、避けたいものです。

1円でも高く買い取って欲しい。

できることなら、これまで乗ってきたっていう気持ちも含めて・・・

 

実際のところ、高く買い取ってもらうには、

バイクの買取業者さんに競争をしてもらうことに尽きるようです。

(雑誌とか、いろいろなサイトとかを、拝見させてもらった上での結論です。)

問題は、どういったサイトから、依頼をすれば、

そういった競争原理がはたらくのかっていうことに、なります。

そこで・・・

下記に出張買取をしてくれる専門店を、ランキングしました。

『最大何社から、金額確認が、できるのか』の順番で、並べました。

実際のところ、5社~8社なので、どこにお願いしても、

れられるデータとしては、遜色はないと、思います。

1位 バイクブロス

 

最大8社で、確認できます。
全国対応。東京、大阪はもちろんですが、
北海道、神奈川、名古屋、京都、広島、福岡の大都市圏を網羅。
大手参加企業が競合するので、より高い査定金額をチェックできます。
※下取り価格相場の比較確認としても、有用に使えます。
不動車、廃車、カスタム車も。

バイクブロス

2位 バイク買取一括見積り

 

最大6社で、確認できます。
最短29秒で、最高値をチェック可能。
大手の厳選された優良バイク買取業者に、
一括で査定の依頼ができます。
全国対応なので、安心です。

バイク買取一括見積り

3位 楽天 無料バイク一括査定

 

楽天 無料バイク一括査定

全国最大5社で、確認できます。
楽天ポイントプレゼント。
一括査定を依頼しただけで、で5ポイントプレゼント。
成約したら、1,000ポイントプレゼント。
利用するだけなら、「完全無料」。
なんといっても、楽天グループですから、
その信用度は、大きいです。

楽天 無料バイク一括査定

今回、このページを書くにあたって、あっちこっちのバイクを売るためのノウハウを、調べてみました。


結論として、だいたい、皆さん、同じようなことを、書いているんですね。

1.最大のポイントは、「複数社」に「競争」してもらえば、間違いなく「高く売ることができる」。

2.でも、その分、買取専門店の営業さんとの、やり取りが必要になるので、それには「高く売るためのコツ」があるっていうこと。

 

複数社に競争してもらうには、「一括」で、依頼のできるサイトが、あります。

こちらのような⇒楽天 無料バイク一括査定

 

で、複数社から、連絡が来るので、かち合わないように、調整をして、それぞれの営業担当さんと、売る交渉をすることになるのですが・・・

 

バイクの場合には、『言葉』でのやり取りをするということに、なるんですね。

先方が、「何万円」で。

こちらは、「それでで売るには、安すぎる」とか。

 

先方は、その辺の交渉に関しては、ある程度、訓練というか場数を踏んできているはずです。

なので、口では、勝てないかもって、思ったら、

とりあえず、「そうなんですか・・・」「まだ、売るには、決めかねるので、改めて、連絡をさせてください」と。


たぶん、先方は、「今、決めてくれないと、明日になったら、下がるかもしれないです。」とか、言ってきますので、

丁重に「ごめんなさい。他にも、相談したいところが、あるもので・・・」と言って、とにかく、最初の会社には、売ると決めないことです。


ここで、相手の気持ちを害さないように、丁重に、お引取りを願うのが、大事なんですが・・・むずかしいところです。

中には、不機嫌になるような営業さんも、いらっしゃるので、

そういう時は、そういう時っていうことで、

心の中で、「もう、会うこともないでしょうね。」と。


※もちろん、お引取りを願ったとしても、もう一度連絡をして、売る交渉を、させてもらうかもっていうのは、におわせておかないといけないところです。

そのときに、約束をしたら、それは、ちゃんと守るようにしましょう。

たとえば、「他のところに売ることに決めたにしても、その前に、連絡を」とかって、よくある約束ごとですから、

ちゃんと、連絡をするようにしましょう。

 

複数社の営業さんとのやり取りの中で、ここの人となら、気持よく売る交渉ができそうだなって、思ったら、

その方を第一候補として、連絡を取り合うようにします。

 

これで、ほとんどのケースは、高く売ることができるはずです。

 

 

この記事を書いたのは、
ヨシアキです。

プロフィール
年齢は、60歳です。
もちろん、オトコです。
詳しいプロフィールは、↓↓↓

© 2017 バイク 売る rss